【感想】Tlicolity Eyes -twinkle showtime-

乙女ゲーム

PC版であったのはちらっと知っていたのですが、当時は自由に使える自分のパソコンがなく諦めていたので、3作まとまってswitchで出ると聞いた時は、やったぁ~~と喜んでいました。それからしばらく経ってようやくプレイすることができました。
PC版はプレイしていないので違いなどわかりませんが、3作まとまっているというだけで大満足です。
操作性は快適です☆もたもたする感じも少なくて、なにより選択肢スキップできるというのが最高でした。

そういうのもあってか、お話も結構軽めなので、3作とはいえ時間もそこまでかからず、あっさりプレイできたなぁという印象です。

以下、ネタバレもしつつの感想となりますので、一応隠しておりますがお気を付けくださいませ(‘ω’)ノ


Vol.1

トリコリティモードっていうのが、なんか既視感があってなんだろ~としばらく考えていたら、これ『忍び、恋うつつ』に似てるんだ!!と随分前にプレイしたゲームを久々思い出しました。(そういえばswitch版でも出てましたね)
とにかく甘いセリフをささやかれニヤニヤが止まりません。ただ真剣な場面でも、そのモードになるとウキウキな音楽かかるので、拍子抜けするところがあって、ちょっと残念だなぁって思ったりもしました。
あとは( )内のセリフも音声ありにしてくれればよかったのになぁって思いました。いつまでたってもしゃべらないから、あれ、バグかな?って本気で思いましたもん(*ノωノ)

翠川チヒロ(CV.小野友樹)

ネタバレ有りの感想
もうすっごい厳しくて、私はこんな指導されたら即効逃げる自信があるので、桜ちゃんは強いなぁと思っていました。でも認めてくれるところは認めてくれたり、少しずつ優しさが見えてきたり、めっちゃ心配してくれたり…と、そりゃ好きになるわなという感じでした。
まぁ父親との確執とか、熱愛ばれてからの展開とか、あっさりしすぎていたのがもったいないなぁとは思いましたが、まぁ甘い言葉たくさん聞けるのでいいでしょう。恋人になってからの豹変ぶりというか、普段堅いのに彼女の前でだけ甘えまくるとか最高のギャップでした。こういうの嫌いな人はいると思いますが、私はゲームの中でなら大歓迎な人です。(ちなみに現実でされるとドン引きする派)
ツンツン→ツンデレ→デレデレの変遷がよくわかるルートでした。

小野沢マサト(CV.前野智昭)

ネタバレ有りの感想
なんか立ち居振る舞いが声も相まってやけに色っぽく感じてしまうキャラでした。
ホッチキス使えないほど不器用っていうのには、少し引きましたが(笑)私も不器用な部類に入りますが、まだまだ上には上がいるんだなと…。
モードに入ると情熱的に攻めてきて、聴いてるこっちが恥ずかしいわってセリフ連発なんですが、エンジェルだけはやめてくれと思いました。笑う…。かっこいい人に言われてもダメな単語もあるんだなぁと改めて思いました(笑)
結構逃げの姿勢が多い彼なので、イラっとするというか、ちゃんと向き合ってくれよって思ってましたが、彼の嘘がわかる能力のことを知ってからは、それも仕方ないねと納得しました。まぁお話がそこまで長くないので、だいぶあっさり問題が解決していきますし、最後の展開もまぁ読めてしまったので、お話としては普通かなぁといった感じ。年上のずるさみたいなものもあったりするんですが、あまり生かしきれていなかった印象もあります。
ですが甘いセリフが多いのでそれだけで私は満足です。単純なので。

トリ愛ルート

三角関係ルートというんですかね。まぁこんなイケメンに、しかも2人にグイグイこられるとか羨ましさしかないわ(*ノωノ)
そういえばヒロインに触れていませんでしたが、だいぶポジティブ人間ってとこは好きなタイプなんですが、結構自分勝手に能力使ってんなぁっていうとこもあったので、そこは気になるところでした。
とりあえず、このルート、胸やけしそうになるほど甘いセリフ連発です。もうそれしか言えない(‘ω’)

Vol.2

Vol.1のヒロイン桜ちゃんのお姉さん棗ちゃんがヒロイン。でも能力は一緒なのね…。少しでも違うのかなぁなんて期待していましたが。
桜ちゃんはポジティブ人間でしたが、棗ちゃんは過去の出来事で少し内向きな子。でもうじうじしてる感じはないし、桜ちゃんみたいに勝手に能力使ったりすることなくて好感もてる子でした。

仙波ワタル(CV.柿原徹也)

ネタバレ有りの感想
最初から息をするように女の人口説いていくから、ある意味才能だなと感心しきり。ただそのせいで、普段とトリコリティモードとの差があまりなかったです(笑)
すっごいナルシストで、こういうタイプはあまり好きではないんですが、なぜか彼は憎めなくて好きでした。たぶん素の彼が出てきたとこあたりからだと思います。
でも甘い言葉がなんか面白くて、なぜか笑いが止まらず。毎回動物に例えてくるのほんと笑うからやめて!って思ってました。
お互い過去にトラウマがあって、似たもの同士という関係で、二人で切磋琢磨して頑張ってる様子はとても素敵でした。
二人とも初恋みたいなものなので、こんな彼ですが初々しさもあっておもしろかったです。

望月ヨウスケ(CV.梅原裕一郎)

ネタバレ有りの感想
もう端々から棗ちゃんの事大好きなんだろうなぁっていうのが伝わってきて、棗ちゃんの鈍感さが際立っていました。中盤、熱烈な告白をされて、そこからの甘さといったら…ねぇ(*ノωノ)硬派と思いきやぐいぐい来る感じたまりませんでした。
トリコリティモードになると口調が変わるのがきゅんとします。声低いので余計に少し乱暴な感じの話し方がかっこよかった。
でも過去に囚われすぎてて今の棗ちゃんを見てないっていうのは、寂しくなっちゃいました。熱い告白が空しく感じてしまって…思い返してたら、あんだけ好き好き言ってるのに今を見てないとはなんぞや!!ってだんだんイラっとしちゃいましたが、棗ちゃんのかっこいい告白で溜飲が下がりました。まじで棗ちゃんかっこよかった。そこからの展開は矢の如く早かったですが、二人がとても幸せそうで素敵でした。この作品の中で結婚後を描いてるのはこの二人だけかな?

トリ愛ルート

とりあえず、ワタルとヨウスケのやり取りがもう可愛すぎてたまりませんでした。たまにコントっぽくなるとこも好き(*ノωノ)いや、たまにじゃないな…ほぼコント…かな(笑)
正反対過ぎる二人なんですが、不思議と息の合ったやり取りで、どっちがボケでもツッコミでもいけるっていう最高のコンビでした。喧嘩ばっかりだけど、絶対仲良しな!って感じます。とにかく最後まで笑いながら楽しくプレイできました。

Vol.3

最後は長女の葵ちゃんがヒロイン。上記2人と同じ能力者で、一番上手に能力を使いこなしているのが印象的。さすが長女。攻略対象が二人とも年下っていうのも珍しいし、マネージャー×人気アイドルってだけで前途多難な雰囲気しかしない。・・・でもこういう障害がある恋愛もの嫌いじゃないのですよ。

榊原コウ(CV.松岡禎丞)

ネタバレ有りの感想
もうね、もうね、最っ高だった!!正直年下属性はそこまで好みじゃないはずなのに、ドキドキしっぱなし。そこにツンデレが上手いこと合わさってダントツ1番のお気に入りキャラです。
口は少し悪いけど、優しさが隠せていなくて、モードにかかったと時の甘え方とか、どんな人もいちころだよって威力が…。最初の告白は鳥肌立つくらいドキドキしたし、録音機能つけてくれ~って切実に思いました。なんかこう声の震えとか切ない声がほんとお上手ですよね、素敵です。
それに年上マネージャーということで、気持ちに答えたくても答えられない葵ちゃんの気持ちも切なくて、甘さも切なさもいい感じのバランスでした。最後は少し駆け足だったけど、プロポーズまで見れたので大満足です(*ノωノ)

榊原ユウ(CV.木村良平)

ネタバレ有りの感想
最初、え?女の子攻略すんの??ってくらい女の子でびっくりしたけど、男の子の姿の時とのギャップがたまらんかったです。ただネイル好きとか料理上手とか私より女の子してるなぁって思うと、気持ち的にプレッシャーが(笑)
普段ニコニコしてて悩みなんてありませんってくらい明るいんだけど、実はネガティブで悪いことばっか考えちゃうタイプの子なんで、だいぶ母性本能をくすぐられました。お姉さんが守ってあげるよ!って思わず言ってしまいそうな雰囲気があります。
告白は割と大人しめだけどそれがまた本心から言ってるんだろうなぁっていうのが伝わってきて素敵でした。

トリ愛ルート

いままでのトリ愛ルート見てきた感じだと、ヒロインそっちのけで二人がわちゃわちゃやってる感じだったので、今回もそうなんだろうなぁと思ってたら…その通りでした(笑)双子なだけあって掛け合いがばっちりだし、まぁなんというか子供のおもちゃの取り合いみたいな感じではあったけど楽しかったです。でも他のトリ愛ルートよりもストーリーがあったような…気がする。

 

最後に

全体的にとても楽しい作品でした。くすっと笑っちゃう場面がたくさんあって、特にトリ愛ルートのそれぞれの掛け合いは楽しかったです。
プレイ時間はさほどかからず、20時間もかかってないんじゃないかなぁという印象です。3作もあるなんて思えないくらいさくっと終わりました。
今回は軽めのをしたいなぁと思っていたので私にはちょうどよかったですが、重めのものが好みの人には物足りなさしかないかもしれません(‘ω’)
お話も特に深みはないので、とにかく甘いセリフを堪能することに集中していました。もうそれぞれ個性的で素敵なキャラばかりだったのですが、それでもダントツはコウです!そもそも年下好みではないので、期待もしていなかったのですが、こんな年下ならこちらからお願いしますって頭下げますよ!!ってくらい魅力的なキャラでした。油断していたところを完璧にやられました(笑)

さくっと楽しみたい人にはお勧めしたい作品です☆☆ぜひコウの魅力にやられてほしいです(*’ω’*)

最後までお付き合いいただきありがとうございました!(^^)!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました