【感想】ビルシャナ戦姫~源平飛花夢想~

乙女ゲーム

歴史に詳しい訳じゃないけど、歴史を題材にしたゲームは結構好きで、新作見ちゃうと買いたくなる性なんですが、以前プレイした真田なんとかがそーでもなかったってのもあって、直前まで躊躇していた作品。でも平安時代を舞台にしているものは多くないので珍しくもあり、今度は面白いかも!と期待をして結局手にいれました。まぁCVが安定の布陣だったっていうのが大きな決め手ではあるんですが。

操作性で不満を言わせてもらえば……動作が遅い、というよりもたもたする感じ。ボタン押してもワンテンポ遅れて進むことが多々あって、イライラしてボタン押すと行き過ぎてまた巻き戻す…なんてことが何度かあり、キーッてなってました。既読スキップももたもたして早くないし…。
あとは既読文の色が変わる仕様が大体あると思いますが、それがなかったのでやりづらさを感じました。何周かすると読んだところはさっと飛ばしたいので、色付きになるの結構重宝するんですよねぇ。

肝心のストーリーはというと…
源平の戦いを基礎においたもので、ほぼ戦っています。しかもヒロインは女であることを隠しているときたもんで、恋愛に発展するのはほぼ終盤に差し掛かってから。まぁ戦が多くなることはわかっていたことなので、最初から糖度高めには期待していませんでしたけどね(‘ω’)ノ
でもだからこそ、二人の思いが通じた時はぐっとくるものがありますし、どのルートもちゃんとまとまっていて、私は好きでした。
基本的に史実に基づいてはいるみたいですが、まぁ乙ゲーなので異なることもたくさんあります。気になる方はご注意を…って感じだと思います。

エンドは、恋愛エンド悲恋エンドバッドエンドとありますが、バッドエンドに関してはスチルがない様子なので私は序盤にやらなくなりました。これも好みの問題ですが、スチル集めがない時はバッドエンドはやりません。ただ、スチルはなくともフローチャート制覇には必要みたいでした。

攻略順としては、公式オススメの順番を参考にプレイしました。

教経→春玄→弁慶→頼朝→知盛 
基本的にはやりたいようにすればいいのかとも思いますが、この作品に関しては攻略制限もあったし、真相にたどり着く順番として最適です。あとは春玄、弁慶、頼朝、知盛をクリアすると、それぞれに対応したサブキャラエンドが解放されます。サブキャラエンドは話短いながらも、個人的には嬉しいものでした。

以下攻略順に感想をば☆

平教経(CV.河西健吾)

最初は高圧的なやつだなぁと思ったけど、実はすごく素直で心根が真っすぐな子。他の平家の人物の中からみると、異色の存在。平家の為にというよりも、純粋にヒロインと戦いたいだけという、一見すると戦闘狂のような感じもしますが、周りのことを気遣うことが出来るとてもいい男でした。
互いに敵同士の間柄だし、ヒロインは女であること隠しているし、どうやって関係を発展させていくのかに注目していました。

ネタバレ有りの感想
とにかくこの二人の間には、「自分は自分として」とか「ただの人として」ってニュアンスの言葉がまぁたくさん出てきます。他のルートでも出てきますが、まぁ多い。途中から気になって、もうわかったよ?って思わずツッコミ入れちゃうほど。でもそれだけこの二人は平家と源氏の名に振り回され、がんじがらめにされていたので、言いたくなる気持ちもすごくわかる。
お互い惹かれているのに、ヒロインの事は男だと思っている訳なので、こっちとしてもどういう心持で見たらいいのかなぁという複雑な気持ちではありました(笑)しかも女だとちゃんとわかるのが結構最後の方っていうね。
とにかくこの教経、人として出来た奴でいい男過ぎたので、早くくっつけ~と思っていたのですが、まぁ時代背景的にすんなりとはいかない訳で…。最後の最後でやっと…です。
ハッピーエンドは、予想通り相打ちのふりをして海に飛び込むというものでしたが、引っ張ったわりにあっさりしすぎていて、ちょっと拍子抜けした感は否めませんでした。くっつけ~って思ってたからよかったんだけどね!
その後の描写では、二人の境遇を思うと切なさもやるせなさも感じるけど、頑張れ!!と思わずにはいられませんでした。ただ、二人で暮らし始めて結構経つのにそれが初キスなんですか⁉って驚愕の事実が発覚。さすが出来た男、教経。理性をもちゃんと制御出来るとは…。恐れ入った。

ただ、このルートに関しては、時代背景とかその時の状況とか鑑みると、相打ちして二人が亡くなるという悲恋エンドの方がしっくりくるなぁと感じました。哀しいけど、話の流れとしてはこちらなのかなと。この場面の教経CVが最高で、思わずほろっとしてしまいました。

春玄(CV.斉藤壮馬)

もう何が何でもヒロイン第一、ヒロイン命のスタンスで最後までぶれません。彼女を守るためならなんでもする超過保護な幼馴染。春玄とのルートでは、攻略キャラの中で唯一ヒロインが女だと知っているので、見ているこっちも普通の心持ちでプレイできます。ただ、仲が良すぎて、周りがこれを男同士だとみていると思うと、逆にドキドキした気持ちにもなりました(笑)

ネタバレ有りの感想
生まれた時から一緒に育っているということもあって、二人の安定した仲の良さがとてもよかったです。お互いに心から信頼しあっている様子は清々しさがありました。他のキャラと違って、最初から女だと知っている訳で、割と早くにくっつくのかなぁと思っていましたが、他キャラとの兼ね合いからかそうでもありませんでした。でも春玄の優しさや気遣い全部が、大好き~って伝わってくるので、糖度低めとはいっても、心の中は甘さで満たされます。

ちなみに、頼朝が鼻ならして分かりやすくポイント押さえてくるので、春玄が本当の義経(言い方ややこしいな)だとすぐ気付いてしまう方は結構いたんじゃないでしょうか。頼朝の「ふぅん」が、ここ注目!って聞こえてくるっていう…。

春玄ルートは、恋愛エンドがぴったりはまっていたように思います。教経恋愛ルートは若干唐突な感じだったけど、こっちはとても自然。頼朝の協力もあって世間的に死んだことにはなったけど、二人が幸せそうで最後のスチルは素敵でした。
悲恋エンドは、やっぱりなぁな闇落ちでした。少しその予兆は感じてはいたんです。あ~やっぱりそうなっちゃうよね…と。声の変え方がさすが!という感じです。最後の最後まで後追いする方を考えていましたが、源氏へ復讐する方に向くとは…。悲恋エンドだけあって、本当に切ないなぁ。

武蔵坊弁慶(CV.梅原裕一郎)

もうまさしく大型犬。しっぽ振って指示待ちしてる大型犬の姿にしか見えなくて、見た目の割に癒しキャラでした。包容力は抜群にあるし、おおらかで心根が真っすぐなこともあって、好感度は最高値。弁慶の言葉はとてもポジティブで、太陽のように周りを明るくしてくれるような存在。ここまで裏表がなくて気持ちいい性格の男性に出会いたかった…!

ネタバレ有りの感想
ヒロインが女であることが序盤で知られます。教経は敵側だったから遅かっただけなのか…。まぁ、弁慶の性格上、女だからどうのこうのというのはないとは思っていましたが、もう本当無条件で慕ってくれるので、懐の大きさがすっごいな…って感心しきりでした。平泉に移ってから、地元の子供と遊ぶ姿はお父さんそのもので、とっても微笑ましかったし、ヒロインを肩車するところなんか親子のようで…そう、この時はまだ親子のようにしか見えませんでした。でも、少しずつ二人の関係性が変化していって、最後、主従から夫婦へ…ってくだりは感動的でした。恋愛エンドは、弁慶からの愛情の深さ、二人の絆の深さがわかるとてもいいストーリーだったと思います。
悲恋エンドも、二人の絆が見て取れますが、悪い方向に向かってしまったな…という印象。二人の思いが分かるぶんとても切ない気持ちになりました。
どちらにせよ、このルートの平兄弟の気持ち悪さ、怖さといったらすごかったです。滅多に早送りはしない私ですが、怖いよ~ってボタンを早めに押していました。(笑)

源頼朝(CV.古川慎)

もうこれだけは言いたい…声がとってもいい!!この頼朝にこの声ありってくらい、ぴったりはまっていました。寡黙で無表情の為、真意がまったく伝わらないですが、だからこそたまに見せる本音になぜか母性本能をくすぐられました。

ネタバレ有りの感想
ちょっと納得いかないのは、スチルの1枚目と2枚目…ほぼ同じじゃん!!ってこと。いや、服装変えただけでしょ、これ~!って思わずつっこみ入れましたよ、ほんと。でも話はとってもよかったです。頼朝の、言葉少なながらもたまに見せる温かみにドキッとするし、寡黙な所がとても色っぽくて、その上この声となれば嫌なところなんてないよねってなもんですわ。

頼朝の過去は壮絶なものがあって、感情を殺してしまった理由とか、頼朝の覚悟とかを聞いてるとこっちまで辛くなってしまいます。そんな中でヒロインに出会って、少しずつ感情が戻って、お互いに惹かれていく様子が結構丁寧に描かれていたと思います。ヒロインが女だと知るのは終盤ですが、それまでに、嫉妬してるよね?っていう描写がちょこちょこ出てくるので、どうしても弟相手の感情にしては無理があるような気もしてましたが、二人の思いが通じたときは思わずうるっとしてしまう程、お互いが本能的に求めあっていたんだなぁと納得しました。

恋愛エンドは、頼朝の色々な表情が見れるのがとても素敵で、あ~幸せなんだね、よかったね~って暖かな気持ちにさせてもらいました。こんな表情豊かだったんだってびっくりもします。

悲恋エンドは本当に悲恋で、ヒロインの死なせて欲しいって思う気持ち、頼朝のどんな状態でも生きていて欲しいって思う気持ちのすれ違いがとても悲しかった。これから先二人の思いが交わることがないのだろうと思うと余計にね。切なすぎて泣けてきます。

平知盛(CV.福山潤)

何考えてるかわからず、得体の知れない人物。物腰はとても柔らかだけど、言葉に温かみがないし、ぞわってする怖さを持っていて、これ恋愛エンドどーなるん?ってびくびくしながら始めました。だって実際こんな人おったら絶対近寄りたくないタイプだもの。

ネタバレ有りの感想
物語始まってしばらくたっても、やっぱり怖いもんは怖いよ!!こんなん無理だよ!!って思いは変わらず…大丈夫かなぁと思いつつ物語中盤にくると、あれ?なんかドキドキするぞってなり、終盤には感極まって泣くっていう、いろんな感情を体験できたお話で、とってもとってもよかったです。
執着がここまでくるとさすがに怖いわという気持ちもありましたが、知盛の生い立ちを知った後、この執着がすごく尊いものに感じてしまうという不思議な感情が芽生え、なぜか嫉妬してる知盛を見ると、心臓がぎゅーってなる感覚がありました。最後の攻略対象ということで感情移入もしやすくなってたのかもしれないです。
義経を怖がらせたくて怪談話をし、義経が怖がるどころか大笑いするって場面で、知盛が義経の笑顔を見てはっとするところがすごく素敵で、息遣いだけで感情を表すってさすが福山さんお上手だなぁと感心しました。あんなに義経の傷つく所が見たい、血に染まった所が見たい(もうこれだけでかなりやばいやつですが)と言っていた知盛が、笑顔を見ていたいと心境を変化させていく様は感動的でもありました。

恋愛エンドは、ラブラブっぷりを見せつけてくれます。とても仲良し夫婦で、知盛が嫉妬してるところが可愛くて、義経を溺愛してる様子がとても素敵です。ただ真のラスボスに体を乗っ取っとられていた徳子が、亡くなるシーンは涙なくしては見れず…あんなに他のルートでは嫌な女だなぁと思っていたのに、もう切なくて悲しくて、徳子~~ってぼろぼろ泣きました。子供が絡むとかなり涙もろくなっています。
悲恋エンドは、二人とも自害してしまうというものでしたが、教経ルートに似たものがあったので、真新しさはちょっとなかったかなという印象でした。

佐藤継信(CV.近藤隆)

私は、近藤隆さんのお声が本当に好きで、どのキャラにもよく合う素敵な声の方だなぁと常々思っています。そしてこの継信もしかり。もうなんでサブキャラなんだよ!って思っていましたが、なんと選択肢なし・話短めでもルートがあるとは…感激でした。ネタバレにもならんくらい話短いのでなんですが、特に色気のあるキャラに関しては、近藤さんのお声は時に凶器になります。(笑)凄まじい威力を持っているなぁと改めて思いました。本音を言えば、がっつり攻略キャラにして欲しかったです。

佐藤忠信(CV.小西克幸)

普段聴いてる声(そんなに多く聴いてるわけでもないですが(*ノωノ))よりも高めのお声で、この元気ハツラツキャラにとってもあっていました。弁慶とは種類の違う明るさで、とても単純な性格をしている青年です。素直で素敵と思う一方、秘密は絶対に教えたくない人物でもあります。本人に悪気はなくとも、うっかり周りにばらしてしまう、そんな自爆体質を持っている彼なので、忠信エンドはどうなることかと思っていましたが、周りのフォローのおかげもあり、なんとかなっていました。

佐々木高綱(CV.天月)

頼朝と一緒の場面なんか、そんな態度で頼朝に怒られないの?ってひやひやしながら見ていたのが印象的。側近らしからぬ明るさと人懐っこさ。実は裏があるんじゃないかと思ったけど、全然裏がない。天性の人たらしな匂がプンプンする彼でしたが、仕事はそつなくこなし、男としても締めるとこは締める!って感じで、爽やか~なルートでした。

平重衡(CV.逢坂良太)

極度のブラコン。兄上、兄上、何かにつけて兄上ときたもんで、一発でブラコンとわかる。そして、人を人とも思わない、残酷な性格をしていて、重衡エンドをするかどうか直前まで悩んだキャラでもあります。知盛よりも無理だよ~って思ってました。重衡ルートの印象としては、「重衡、チョロいな」の一言に尽きます。やればわかる、このチョロさ。まぁ話短い中でまとめなきゃいけないのもあるんでね、仕方ないですが。でも重衡の変わりようは、かわいらしくもあって、ザ・弟って感じでした。

最後に

総括すると、想像していたよりも面白く期待以上の作品でした。どの作品も、CVに左右されるところが多少なりともあると思いますが、この作品はどの方もキャラにぴったりで不自然さがありませんでした。また、どのルートもボリュームたっぷりで(戦いの場面が多いことは否めませんが…)、気になるところがないとは言いませんが、よくまとまっていたと思います。
ただ、セリフと表記が違っていたり、話の流れであったり、細かい所が気になる方は、いまいち…と思うかもしれないので、評価が分かれるところかもしれません。
私的好きなキャラは、頼朝でした。最後の最後で知盛が追い上げてきたんですが、総合的にみると頼朝でした。やっぱり真相に近づくにつれて、話に深みも加わるので、最後に攻略した人に気持ちが持っていかれます。でも、どのキャラも個性的で素敵でした☆

あ、ちなみに私の総プレイ時間は32時間ほどでした(^-^)飛ばし飛ばしではありますが、ご参考に⭐

最後までお付き合いいただいてありがとうございました(pq´v`*)♪
次もゲームの感想を綴る予定です☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました