【感想】幻想マネージュ

乙女ゲーム

LOVE&ARTといえば「めいこい」こと「明治東亰恋伽」!めいこい大好きの身としては、新作と聞いちゃだまっちゃいられないぞ!ということで購入決めました。
攻略順としては、公式おすすめ順があったみたいなんですが、ほんわか系だと思っていた私は気にもせず自分のやりたいようにやりました。
結果的に問題はなかったですが、まず物語の全体を知るという意味では公式おすすめ通りヒューゴから進めるのがよかったかもしれないです!(^^)!謎は最後に回収したいという人は、ヒューゴ、アルノーを最後でもいいかなという感じ。

ということで、なんの参考にもならないとは思いますが、私の攻略順は…
リヨン→ルシオール→ヒューゴ→クリエ→セルジュ→アルノー
の順番でした。アルノーだけ制限が掛かっています。

操作性は、ビルシャナをプレイした後なので、(詳しくはビルシャナ感想にて)最初は”お~快適だ~”なんて思ってましたが、途中からもたつき感を多少感じました。

あとは、ウィンドウ変わる度に、キラキラ~ってなるの少し鬱陶しかったです(笑)可愛いんですけどね!可愛いんですけど、見続けるとなんか目がチカチカするっていうか…年なんで…。

途中途中にあるミニゲームはスキップできるのはよかったんですが、ランクも選べるようにしてもらえればもっとよかったのになぁって思いました。

付け加えると、これは不具合と言っていいのか…私のだけなのか…クリア後そのままロードして始めようとすると、音声では進んでるものの画面が真っ黒っていうことが起こりました。一回ソフト終了してやり直すと解決したけど、それが何回も何回もあっていい加減にしてくれっ!!って感じでした。

そして、最近では珍しい、キャストのフリートークが入っていたのは高評価です( *´艸`)やっぱり演者さんがどう思っているのか聴けると嬉しいです~☆どのゲームもフリートーク入れてくれればいいのに!

では、以下攻略順に感想を~♪(ネタバレもあるので伏せています)

リヨン(CV.鈴木裕斗)

ネタバレ有りの感想
まさかの着ぐるみ男子!着ぐるみ相手の攻略は今までありませんでしたが、首なし騎士を経験している身としては、なんてことはありません。

とにかく、リヨンはかわいい!の一言に尽きます。「えへへ」なんて笑うとこなんか、可愛くて仕方ありませんでした。そして、めちゃくちゃ素直でいい子なんです。もうそれだけでこのルートをする価値があるってもんです。

ただ、話の流れとしては、これじゃない感がどうしてもあって…。実は死んでましたってだけでも十分衝撃でしたが、死者蘇生⁉
これだけは手を出しちゃいかんだろってところに踏み込んでるのと、このくだりで勝手に死者蘇生の魔法使おうとしているヒロインにイラっとくるしで、もやもや感が半端ない( ゚Д゚)
最終的にはなぜかリヨンの記憶と引き換えに生き返って、ヒロインのことを綺麗さっぱり忘れているという…。な~んか釈然としないというか…。
もう一つのエンドは、魔法の暴走を結局止めれなかったのかヒロイン昏睡状態で、夢の中でリヨンと二人幸せに暮らしているというもの。ただただこの時のアルノーがかわいそうでした。
どっちにしろこの時点では幸せな感じの終わりではないように感じてしまいました。

が、afterまで読み進めると、ここからまた二人の物語が始まるぞ~っていうポジティブな雰囲気だったし、この先が読みたいなぁっていう気持ちになりました。afterはよかったです☆

リヨンルートは、afterまでやってようやく話がまとまる感じです。スッキリとまではいきませんでしたが…やっぱり死者蘇生はダメ!( ゚Д゚)
もう一つ気になるところとしては、ヒロインはリヨンの夜の人間の姿を序盤で見かける訳だけど、他のスタッフが全然知らないというのがなんか不自然過ぎて…だって新参者のヒロインがすぐ見かけられるくらいなんだよ?ん~って引っかかってたとこでした。/su_spoiler]

ルシオール(CV.白井悠介)

ネタバレ有りの感想
ザ・引きこもり男子。人と関わりを持とうとしないので、もうこれどうやって仲良くなるん??って本気で心配していました。ですが、ヒロインの餌付けがしっかり成功したおかげで、少しずつ距離が縮まっていって、最終的にヒロインにだけ心開いて懐く様子がとてもよかった!(^^)!ほんとヒロインの根気強さに拍手喝采です。

そんなこんなで、ヒロインのいうことをよく聞くし、ヒロインの為にとなれば人とも関わっていこうと努力するしで、まぁ素敵男子に変身しています。好きな人の為に、自分の苦手分野を克服していこうとする姿はいいですね。引きこもり男子攻略のキュンポイントをしっかり押さえております。
そして、そこからの無自覚の独占欲。まぁまぁまぁ…とニヤニヤが止まりませんでした。
ただ、ヒロインがルシオールとのやりとりの中でドキドキするよ~って場面があるんですが、それをなぞの不整脈と結論付けてることが、妙にツボにはまってしまいました。不整脈て…(笑)


お母さんの話は思いのほか重くて、人の悪意が強く出てくるルートなので気持ちが沈む沈む…( ;∀;)amourエンドは、暴動を起こす程魔女嫌いな街の人たちを説得できる訳ですが、え、そんな説得で収まるの?ってだいぶ拍子抜けしました。でもこれ以上暗い気持ちにはなりたくなかったので、これはこれでよかったと思います。だけど、レーヴからの解放の後再会するまで、どうしてたのか…ていうか魂のない体はどこにあったの?もしかしてどこかで説明されてたのをスルーしただけかもしれないけど、ルシオールルートはそこが謎でした。
でも、再会してから、僕は変わらず好きですよってセリフにやられました。最高です。

reveエンドは、ほんとどうやったのって感じなんですが、ルシオールが二人の魂だけ縛り付けられるように細工したそうで、これから先ずっと二人だけの世界だねで終わります。ていうかそんな細工できるなら、実は解放も出来るんじゃないか??

afterはもうほんと素敵の一言に尽きますね☆☆あの!引きこもりだったルシオールが!就職して、人付き合いもなんとか頑張っていて、そして声の感じも明るさが増している!幸せ~な雰囲気が伝わってきて、ルシオールをここまで変貌させたヒロインは素晴らしいと感心しきりでした。

ヒューゴ(CV.羽多野渉)

ネタバレ有りの感想
なんかね、立絵の少し横向きになった時しゃくれて見えてしまって…私だけ?(笑)スチルはそんなことなくどれもとってもかっこよくて素敵でした!!

スターライツという夜の遊園地計画では、気になることが多すぎて、なんか話が入ってこず(笑)まずリヨンは夜になると人に戻るんじゃなかったっけ?とか最初の予定日前日になって計画変更したりとか、結局来週に延期したりとか、演出変わること決定したわけじゃないのにヒロインがアルノーに変更になったんだぁって言ってしまっていたりとか…細かいことではあるんですが、私は気になってしまいました。
あともうひとつ、ヒューゴがヒロインの大切にしていたオルゴールを壊すところ。これ唐突すぎて、なんか恐怖を感じてしまった。壊す必要あった??物に当たってしまうというのが私はあまり好きじゃないんでね…物に罪はないもの!

まぁ色々書きましたが、甘さは一番ありました(*^^*)とにかくヒロインに対して甘々なヒューゴがとてもセクシーです☆大人な魅力とでもいうんでしょうかね。
amourエンドは無事回復したヒューゴが魔法使いになって(比喩ね)…のくだりがまぁキュンとしましたね。
reveエンドは二人だけ囚われたままだけど、他のルートよりも不憫な感じに思わず、これはこれでありかなぁと思ったりもしました。

クリエ(CV.下野紘)

ネタバレ有りの感想
なぁんか嫌な奴だなぁと思ったり、言い方どうにかならんのかと思ったり、とにかくとっつきにくい印象でしたが、一緒に買い出し行ってアップルタルトを食べてるスチルが可愛すぎて、こういうのをツンデレというのかな?とこれ以降キツイこと言われても実は気遣ってくれてるんだろ?ってニヤニヤできるようになりました。
でもさすがに、仲良くする気ないと言われたときは、どうせいっちゅうの???ってなりましたけどね(笑)

病院専門のパフォーマーになりたいという夢、とっても素敵だなぁと思ってみていました。それに、妹思いのいいお兄さんで、お話もすごく重くなるわけでもなく、ただただあったかい気持ちになる展開だったのでよかったです。
とにかく二人の恋人同士(仮)としてのやり取りが、こっちが照れるくらい初々しくて…。慣れてない感じがもう堪らなかったです。もう本当に付き合っちゃえよ!っていうクララの気持ちに激しく同意していました。

amourエンドはひたすら幸せオーラを感じます。クララも元気になっているし、もう何も悪いことなし。
reveエンドは哀し過ぎて、amourエンドとどんだけ落差激しいんだよ!って泣きそうになりました。ただ、これまでの話の流れを考えると、なんか無理やりな感じもして…。クララもクリエも前向きに捉えていたはずなのに、どうしてこうなっちゃうんだろうってもどかしさがありました。

セルジュ(CV.梅原裕一郎)

ネタバレ有りの感想
冷血眼鏡と言われている彼でしたが、ただ生真面目で堅物な性格だけで、私は嫌いではないです。むしろこういうキャラ好きだったりします。こういう人が振り向いてくれるとか、オンリーワンな気分に一番なれると勝手に思っています。

セルジュルートはサスペンス色が強く、ハラハラドキドキの展開。もう軍のやつらが最低過ぎて、胸糞悪かったですが、親友のジルが結局いい人だったのに救われました。
魔法で動いているという心臓は、レーヴから離れて3~4時間で動かなくなるという話なんだけど、軍の悪事を暴くのにめっちゃ時間かかってるよね?ちょくちょく魔法かけてたのかな?
なんてツッコミいれながらも、セルジュが最後、ヒロインの告白に割り込んで愛しているって言ったのはきゅんとしましたよ。女心なんてな~んも理解できてない感じですが、押さえるとこ押さえてくんなぁと思いました。バラのプレゼントとか、リアルにもらったらほぼ困っちゃうけど、セルジュみたいな人にされるのは大歓迎です。
そしてafterでの朝が弱いとこが可愛すぎてギャップ萌えでした。ていうかスチル眼鏡なしだった!かっこよかった!!

reveルートは、なんかこう他のルートに比べたらあっさりしていたなぁという感じだけど、気になったのはレーヴのみんな軍に処罰されたってあって、クリエ以外は魂だったよね…処罰されたらどうなるの?ていうか魂を処罰できるの?ってとこでした。そこんとこどうなんだろう。
とにかく、好きな人が目の前で命が尽きていくのを見ているだけっていうのは、とても残酷なエンドだったなぁと思います。他のルートは囚われながらも二人でいるのになぁなんて思いました。

アルノー(CV.阿部敦)

ネタバレ有りの感想
私の本命でした、アルノー。他のルートしてたら自然と気づくけど、もうめちゃくちゃヒロインのこと好きじゃん。
こんな幼馴染が一つ屋根の下にいるなんて、めちゃくちゃうらやまし過ぎる!!結構早い段階で熱烈な告白があり、それからは事あるごとに好き好き言っているので、甘~い雰囲気にニヤニヤしていましたが、そこからのジェットコースターのごとく突き落とされたのには本当に驚かされましたよ((+_+))
信じ切っていた相手がもしかしたら自分を裏切っているかも…なんて状況になるだけで苦し過ぎて。というか、父!!ひどいやつすぎないか??アルノーはきっかけを作ったっていうけど、全部父のせいだからね!!子供だからこそ、目の前で起きている事が衝撃的過ぎたからこそ、自分を責める方向に向かったのかもしれないけど、ここまで子供に思わせてしまう親に怒りを覚えてしまいましたよ。母親のアリスさんはめっちゃいい人なのに、なんで父親はこうなっちゃったのよ。
最後の最後まで自分を責め続けているアルノーを見るのは心が痛かったけど、ヒューゴの言葉で救われた様子でよかったなぁとほっとしました。
afterはひたすらラブラブしてて、意外とヒロインが積極的だったのがよかったなぁと思います。
reveエンドは、もうね、悲しすぎて悲しすぎて…父親が悪いのよ?なのに自分を責めていく様子がすごくつらかった。

最後に

雰囲気とか題材がとてもよくて、どのキャラも素敵で、話もまとまっていたとは思いますし、スチルを含めても、素敵で面白い作品でした!!
ただ、ヒロインが少し好みのタイプではなかったし途中まではう~~~ん、そうでもないかなぁなんて思ってました。
たぶんそれは、幻想とあるくらいなので、謎が謎を呼ぶというか…。疑問符が頭の中を駆け巡ることが最初の方は多かったからだと。でも進めていくと少しずつ謎も回収出来て、だんだん面白味が増してきました。まぁそれでも気になるところは少なからずあるのですが、乙女ゲームにはつきものということで(笑)

ヒロインが好みではないというと少し語弊があるんですが、ルートによってはもうこの子めっちゃいい子!かわいい!って思う時もあれば、わざとらしいなって思う時もあったという感じで、このヒロイン自体が嫌という訳では決してありません('ω')ノ

事前情報を入れていなかったせいで、ほのぼの系の話だと思っていたので、思いのほか重い内容で打ちのめされることもありましたが、キラキラな雰囲気のおかげでバランスが取れていたと思います。
全部のルートを終えると大円団が解放されて、みんな幸せなところが見られたし、少しハーレムな雰囲気も味わえたし大満足でした。それぞれ報われなかったり哀しいエンドも見てるのでより一層みんなの幸せそうな様子が見られて私も幸せな気分になりました☆

それと、限定版、店舗特典、予約特典のCDはそれぞれ笑うくらい楽しかったですよ!(^^)!

それでは、駄文ながら最後までお付き合いいただきありがとうございました('◇')ゞ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました