目標:活字に慣れる!

小説など

仕事復帰が決まって、ほっとしたのも束の間、「私仕事ちゃんとできるかな…」という不安が押し寄せてきました…。
ほぼほぼ2年離れていたし不安にならない訳がない。スキルアップを考えていた産休前のやる気に満ち溢れた私はどこいった。結局なんのアップもしないまま、むしろダウンの方向で復帰することになりそう。

仕事上、活字をたくさん見ることになるので、少しでも慣らしておこうと平積みされた小説を読んだはいいものの………あまりの集中力のなさに自分でも愕然としました、ほんと。年々集中力がなくなってきたなぁと感じてましたが、この2年でがくっと下がってます。ものすっごい危機感。あんなに夢中になって読んでいたはずの小説ですら、まともにすらっと読めなくなっているなんて!(ていうか、この調子でいくと、この平積みの小説どもはいつになったらクリアにできるのか)

 

というわけで、私にまず必要なのは集中力の回復だ!と、集中力アップにいいと噂の大人の塗り絵を入手しました。まぁもし自分に合わなくても子供も出来るし…と軽い気持ちで始めましたが、これがなかなか楽しくって、あっという間に時間がたってたりするので、集中力アップに一役買ってくれそうです。

そして、活字慣らしの一つとして、まずは子供の昼寝の時間にすらっと読めそうなラノベなるものを読むことに。まぁそれでも、小説をまともに読めなかった私のことなので、すらっと読めることはないんだろうと思ってましたが、大人の塗り絵の効果なのか、子供の昼寝の間に1冊一気に読めてしまいました。やだなに、すごい。って久々の読了感に気分が上がりました。

今回読んだのは、「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」
漫画でちらっと見た時に面白そうだなと思ったのと、上下巻で完結してるっていうのでとっかかりとしては十分じゃないかと思ったのです。
悪役令嬢が~ていうのは漫画でやたら多いなぁと思ってたら、やっぱりラノベでも多かったので、はやりなんですね~。私が思っていた悪役令嬢ものとは趣が違いましたが、どのキャラもとっても個性的。割とキャラ濃い目の王子様が最後の最後にしか出てこないなんて、そのキャラ故なんだろうなぁとか思うと、この上下巻で完結というのもうなずけます。その方がキャラ立ちするものね。私的にはこの先を見てみたい気もしますが、結構サドッ気たっぷりのサイコパス気質の主人公なので、怖さ半分といったところ。国を牛耳ることなんてたやすいだろう彼女の事なので、おそらく無双状態になるのでしょうか。
ここまですんなり読めるなんて思ってなかったので、しばらくはラノベ中心でもいいかなというくらいには面白く読めました。漫画もいいけど、やっぱりひたすら活字を読むというのもいいもんです。ただ平積みの小説達は一度心折られたので、もう少し集中力に自信がついたら手を付けることにします…。もう面白そうな本見ても絶対買わないぞ!(☚)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました